ホーム > CSRの取組みについて(CSR)

CSR

CSRの取組みについて

『公正で信頼される企業であるために』 代表取締役社長 大久保 英範

私たち大丸興業は、「先義後利」(義を先にして利を後にする者は栄える)の理念に基づいて、「お客様満足の向上」「社会への貢献」に取組んでまいります。

IT化、グローバル化が進む中、環境問題の深刻化、消費者意識の変化等、企業を取り巻く環境はこれまで経験したことのないスピードで変化しています。国際社会で活動する私たち商社においても、社会的に責任ある行動がより強く求められるようになってきています。

私たちはJFRグループの一員として、事業活動を通じて、お客様、お取引先様、株主、従業員、地域社会といったステークホルダーの皆様の信頼を得て、『公正で信頼される企業』として成長を目指してまいります。

大丸興業CSR調達方針

CSRの概念に基づいた調達を着実に実現するために、「国際標準規格ISO26000」に則った7つの課題に分類し、「大丸興業株式会社 CSR調達方針」を策定し、取り組んでおります。
お取引先には、本調達方針をご理解いただき、継続的・長期的な信頼関係を構築し、良きパートナーとして共に繁栄・存続してゆく、共存共栄の関係をめざしていただきますようお願いいたします。

コンプライアンスの取組み

国内外の法令および企業倫理を遵守し企業活動を行ってまいります。
法令遵守、企業倫理を徹底するため、「コンプライアンス委員会」を設置するとともに、各部門にコンプライアンスリーダーを置いて、コンプライアンスの教育、啓発、日常業務での法令、規則遵守のチェック等を行っています。また、「コンプライアンスマニュアル」をはじめ各種規程や業務マニュアルの整備等を行い、コンプライアンス経営の実践を推進しています。

品質管理の取組

『品質』に責任のもてる商品・サービスをお届けすることに努めてまいります。

活動報告

2013.07

任天堂㈱の『CSR REPORT2013』に当社の取り組みが紹介されました。

2016.06

日産自動車㈱総合研究所からの『無検査納入メーカー認定証』25年連続取得について。

環境保護の取組

『自然環境』の保全に努め、環境に優しい活動を行います。

活動報告

2013.10

当社の大阪本社が「大阪マラソンクリーンアップ」に参加し、東京本社が事業所周辺地域の清掃活動を行いました。

2013.07

大分県豊後高田市の「豊後高田クリーンアップキャンペーン」に当社の大分事業所が参加しました。

2013.06

大丸松坂屋百貨店で実施している「ペットボトルキャップを集めて世界の子どもたちにワクチンを届けよう!」の取組みに、当社の大阪本社・東京本社も加わりました。

情報セキュリティの取組

『お取引先様の情報』、『個人情報』の保護に積極的に取組みます。

JQA-IM0768
大丸興業は情報セキュリティの国際規格「ISO27001」を2009年11月に取得しています。(最終更新2014年1月) 登録活動範囲はマークをクリックして下さい。(JQAのホームページにジャンプします)


グループ企業

jfr

採用情報

釣具サイト

Daikoh

DAIKO

ページのトップへ戻る