ホーム > トピックス > 高い透明性と難燃性を両立する水性塗料の開発について

トピックス

2017.08

高い透明性と難燃性を両立する水性塗料の開発について

大日技研工業株式会社(本社:東京都中央区)は、帝人株式会社(本社:大阪市北区)および弊社と共同で、リン系難燃剤「FCX-210」(*)を使用した水性透明難燃塗料「ランデックスコート 難燃クリア」を開発しました。
同製品は、世界で初めてノンハロゲンアクリル系 水性透明難燃塗料として、木材だけでなく、紙、繊維、ゴム、プラスチックなど幅広い可燃物の表面に塗布するだけで、自然の風合いを維持しながら、高い透明性 と高い難燃性の両立を実現しました。
弊社は、2017年9月1日より、総代理店となって販売を開始いたします。

(*)リン系難燃剤「FCX-210」
帝人独自の分子設計で開発したリン系難燃剤。高い耐熱性や、少量でも高い難燃性を付与できるなどの特長により、OA機器や家電製品、自動車などに幅広く展開している。

<本件に関するお問い合わせ>
TEL:03-3820-7096
メールアドレス: sangyoshizaibu@daimarukogyo.co.jp



グループ企業

jfr

採用情報

釣具サイト

Daikoh

DAIKO

ページのトップへ戻る